2014年09月26日

日光一人旅②

9月16日。

赤沼のバス停から歩いて10分ほどで分岐点。

DSCN1043.jpg

今回は戦場ヶ原コースを行くか、小田代原を回っていくかかなり悩みました。
が、どうしても小田代原の貴婦人が見たい。。。
という事で、小田代原コースを。。
戦場ヶ原は、今クマが出没することもあったのですけど。。。(^^;

今の時期は、小学生が多いのですね。
修学旅行か林間学校なのか。。。
すれ違うために「こんにちは~~」と。。。
あちらは1回で済むけど、こちらは何回も何回も言わないと。。(笑)

小田代原歩道をひたすら歩きます。
途中展望台があり、そこで休憩。。
おにぎりをパクリ。。
おばさま3人もいらして、記念写真を頼まれ撮りました(^^)

15分ほど休んで、またひとすら歩く。
途中、鹿の侵入を防ぐ金網の入り口があって、中に入っていきます。
そしてまた出て、今度は車道を歩く。。

この車道は低公害バスが走っていて、
じつは赤沼から小田代原まではバスでいけたりするのです。
でも本数少ないし、歩く事が目的だったのでがんばる(笑)

バス停近くに、また金網の柵の入り口が。。
そこを入ると、目の前は小田代原湿原。
そしてそして、貴婦人が・・・・

遠く黄色に紅葉した湿原に1本だけ白い白樺の木。

DSCN1076-2.jpg

貴婦人です。
本当は、朝もやの中に立つ貴婦人が見たかったのですが、
どうがんばっても朝早く来ることはできずあきらめたのでした。
朝もやの中に立つ貴婦人は、さぞかし神秘的でしょうねえ。。。

何枚か写真を撮って、新しい木道を湯滝めざして歩いていきます。
貴婦人のところまでは、みなさんたくさん来るようですが、
その先はあまりいないのかしら??

だれもいない木道を進むと、工事のおじさん一人。
看板があって、「通行止め」と書いてある。。。

えーーーー

おじさんに、「どこから来たの?」と聞かれ、
思わず後ろを指さして「あっちから・・・」と答えてしまった(爆)

「そうじゃなくて~~」
「あっ、埼玉です~(^^;」

なんで一人で来たんだとか余計なお世話(笑)

「この通行止めってこっちの道ですよねえ???」
「いや、この先にでっかい穴がいてて通れないの」
「え~~~」

ここまで来て通れないとは・・・・・・・・・・・

さてどうするか。
もどるか?
もどるしかないよねえ。。。

泣く泣く今来た道を戻り、バス停へ。
ちょうど15分後に赤沼行きのバスが来る。
それに乗って赤沼からふたたび戦場ヶ原を通って湯滝に行くか???

うーーん。。。
ハイキングマップを眺めていたら、
ちゃんとハイキングコースとしては書いていないけど、
途中分岐があって湯滝にいける道がある。

またまたそこにいた工事のおじさんに聞いてみると、
「いけるよ~」

先程歩いてきた道に分岐点があるから、そこを左に曲がればよいとのこと。
がんばってあるくか~~
という事で、また来た道を戻ったのでした。

分岐点、あったあった。
そうだこんなところがあったなあ(^^)

左に曲がると、1本の狭い木道。
途中すれ違うとどちらかが下に降りないといけない。

年をめした母親と歩く若い娘さん。
私の方が下りて待っていたら、
その娘さんが「こんにちは~~」
そして、
「かわいいです~~~(^^)」とおっしゃる。。

はりゃあ。
褒められた??(爆)

私の服装は、長袖Tシャツの上に半袖Tシャツ。
下は緑とピンクのパンツ付巻きスカート。
濃い紫のレギンスに赤の靴下とトレッキングシューズ。
で、帽子はどうしても山用の帽子がみつからず、
仕方なく白地に花柄の派手な帽子をかぶってきた。

いいおばさんがこんな格好で、まあ全然恥ずかしいとは思っていなかったけど、
褒められて恥ずかしくなるとは・・・(^^;

しばらく歩き金網の柵を通り抜けると、今度は山歩きといった雰囲気。
今の私には、上るよりも下りる方がきつい。
先月の西沢渓谷歩きでは、右の腰を痛めたくらいですから。。

なんとかそこを抜けると、なんとまあきれいな沼。。。

DSCN1095-2.jpg

泉門池です。
ここにはいくつかベンチがやテーブルがあり、
みなさんお弁当広げてました。
ちょうどお昼でしたので。

しばらく休憩してまた進みます。
ここからは湯川沿いを歩きます。
結構アップダウンだったかな。
川の流れが気持ちいい。

途中分岐点。
右に行っても左に行っても湯滝。
右は400m。
左は1キロ。

結構疲れてたので、まよわず近い方の右へ(笑)
でも結構急な階段を上る。
近い分一気に上に上がるって感じ?

売店が見えてきた。
終点です~~~~
売店を抜けると、なんと見事な湯滝。

DSCN1109-2.jpg

ここでも小学生集団。
クラスごとに記念写真を撮っていますが、なんとまあにぎやか。。。

やっと小学生たちが去っていくと、ゆっくりと滝の写真を。。
そして売店でアユの塩焼きを食べる。。。
おいしかった~

さてここからはどうするかな。
元気があれば、湯本まで歩こうかと思ったけど、
もうそんな元気もないし。
予約したペンションのある中禅寺湖まで戻るかなあ・・・

ここからバス停までの道のりが、意外に大変でした。
近道と書いてある方を進むと、やっぱり急な上坂。
近いのも善し悪しだ・・・

時刻表見ると、湯本行きのバスがすぐくる。
まだ早いし、バスで湯元まで行ってみようかな。
湯ノ湖を見てみよう~

湯元到着。
が、湯ノ湖へはどちらへ行ったらいいのかがわからない(^^;
人も少なく閑散としている・・・・

うーん・・・
メイン通り?と思われる方を進んでいくと、
なんと足湯がありました。
無料ですし、当然入りました(^^)

始め左側の温泉に足をつけたら、すごく熱い~~~
我慢してましたが、真ん中あたりのところが人がいなくなったので移動。
あ、こちらはいい温度。
ゆっくりと足をつけてのんびり。
ああ、こんな気分味わえる一人旅はやっぱり最高だ(^^)

1410843381976.jpg

で、結局湯元はこれだけ(笑)
バスに乗って中禅寺湖に戻ってきました。

バスターミナルのコインロッカーに荷物預けていたので、
ここからペンションまでは歩かないといけないのですが、
どうせなら華厳の滝も見ちゃおう。
歩いて10分くらいでしたので。

ここに来たのは何十年ぶり????
小学校の林間学校以来なので、40年ぶりくらいなのかしら。
今年は雨が多く、水量が多いため迫力のある滝が見れました。

ここでも小学生・・・・(笑)

4時過ぎ、バスターミナルに戻り、
荷物をかかえてペンションめざす。
郵便局の裏とのことでしたが、中禅寺湖沿いの道を行ってしまったため、
どうやってあの裏側へいけばいいんだ???

とうろうろしていたら、郵便局の横に道が・・・・
ここ登って行ってもいいのかな???
途中民家を抜けるような感じになっているんですけど。

まあ行ってみるか。
正解だったようで、民家を抜けて階段を上ると車道に出た。
そこを左に進むと、やっと宿泊するペンションに到着~

ここの部屋、めっちゃくちゃよかったです。

1410855288710.jpg

でもここは食事はなしなので、
外で食べないといけない。
でもこの辺は、夕方5時くらいに閉まってしまうお店がほとんどなんですね。。
やっと空いている店はフランス料理の店。
まあこの際贅沢しちゃおうか?

頼んだのは3500円のコース料理。
おいしかった~~

日光ディナー.png

夜は、お風呂に入りゆっくり足をマッサージ。
左足筋肉痛になりそうな感じ?
だったので、ストレッチして、
持っていったチタンテープを貼って就寝。

明日はどうするかな。
朝早く、近くの二荒山神社に行こう。

立木観音も行きたいなあ・・・・


あ、私が歩いたコースはこれです(^^)
http://www.pref.tochigi.lg.jp/d04/eco/shizenkankyou/shizen/documents/nikko0201.pdf
posted by BAMIKO at 13:28| Comment(0) | 旅行記 | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

日光一人旅①

16日~19日は仕事休み。
せっかくの3連休なので、どこか歩いてこよう。
今月末30日から、栂池自然園と八方尾根のトレッキング予定ですので、
足慣らしで。。。

どこにしようかかなり迷った。
上高地の明神池にもいきたい。
JRの「駅からウォーキング」という企画で、
富岡製糸場をめぐるコースもあり、それもいいなあ。。

でも結局は以前計画していた近場の日光戦場ヶ原を歩いてみようと思いました。
そんなに高低差もなく、膝にあまり負担もかからないだろうと。

東武鉄道から、「まるごと日光フリーパス」という切符が出ています。
大宮からだと、電車賃と日光周辺のバス乗り放題で4300円。
かなりお得な切符です。

日光に行くなら東照宮にも行ってきたい。
日光はかなり強力なパワースポットらしいです。
そのお隣の二荒山神社もめぐるとなると、
3時間くらい要するらしい。

日光への到着は、どんなにがんばっても朝の8:25です。
戦場ヶ原へは、さらにバスに乗って1時間半くらいかかってしまう。
そうなると10時過ぎからのウォーキングになります。
パワスポめぐりはできない。。

でも・・・
だんなが「泊まってくるのか?」と聞くものですから、
あ、泊まっていいのね。。。という事で、1泊することにしました(笑)

あとは天気次第。
その天気次第で、いろいろと行動が違ってきます。

宿泊するペンションも素泊まり。
中禅寺湖にはコンビニがなく、食事をどうするか考えねばなりません。
特に朝食をどうするか。。

天気次第でウォーキングの日が違ってくるので、
もう行く前から綿密に計画を立ててました。
結局は、初日が天気がよさそうだったので、
その計画に沿った行動計画を。。

前置きはさておき、
当日は、朝5時半に家を出て、
大宮へは6時ちょっと過ぎに到着。
まずはフリーパスを購入しないといけません。
券売機では売っていないので窓口で・・・・
なのですが、
カーテンが閉まっている・・・

「御用のある方はブザーを押してください」と書いてあったので押してみる。
駅員さんがカーテンを開けてくれました。
無事フリーパスを購入。
大宮から春日部まで、東武野田線・・・・
とは今言わないのですね。。
今は「東武アーバンパークライン」と言うらしい。。

ルート検索をしたら、17分の柏行きに乗らないと、
東武日光線には乗れない。
高崎線を1本早く乗ってよかった。
フリー切符を買う時間を考えそうしたのですが、
検索した時刻より、2分早く大宮出発でした。。(東武アーバンパークラインが)

ぎりぎりだった。。(^^;

さてさて、無事に春日部に到着。
6:53初の日光線快速に乗車。
この電車が、日光に行く一番早い電車です。

途中アナウンスで、6両ある車両の到着がそれぞれ違うことに気付く。。
会津田島、宇都宮、そして日光行きとなり、
今市駅で切り離してなるらしいのです。

日光行きは、5、6両目。
私が載ったのは2両目。
電車は、学生たちの通学時間帯で、
せっかく座れたに動きたくないなあ・・・

という事で、今市駅で降りて後ろへ移動。
8:25に東武日光駅に到着しました。

バスは日光湯元行きに乗ります。
1泊なので、ボストンバックも持参。
このバックをどうするかが問題でしたが、
中禅寺湖にある中禅寺温泉バス停で5分停車。
そのバス停にコインロッカーがあるとの情報をゲットしていたので、
そこで預けてしまおうと思っていました。

駅前のバス乗り場に行くと、
先に中禅寺温泉止まりのバスが来た。
直行バスに乗るつもりしていたけど、
コインロッカーに預けること考えて、そのバスに乗ってしまいました。

中禅寺温泉には、9:20到着。
バスターミナルとなってまして、
待合室やトイレ、そしてコインロッカー。
コインロッカーにボストンバックを預け、
5分後にやってきた湯元温泉行きに乗る。

戦場ヶ原のハイキングコースはいろいろあるのですが、
小田代原を回るコースを歩くつもりでした。
が、どこから歩くか・・・・

これまた間際まで迷って迷って。。。
湯滝から赤沼に戻るコースとか、
湯元から歩いてこようかととか・・・・
龍頭の滝から歩くコースとか・・・

結局は赤沼で降りて歩く事に。。
湯滝まで歩いて、歩けそうだったら湯元まで行ってみようと思ったのでした。

1410829382945.jpg

さてここからスタートです(^^)
2時間くらいで歩ければいいなあ。。。
posted by BAMIKO at 23:52| Comment(0) | 旅行記 | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

信州一人旅①

今年も一人旅してきました(^^)
信州へ~~~
安曇野のひまわりか見たくて。。

安曇野市「道の駅アルプス安曇野・ほりがね」の隣にひまわり畑がある!
というのをネットでみまして、どうしても行きたくなりました。
そこは、昨年そばの花が見たくて行った場所でもあります。

松本まで高速バスで行くか、新宿から特急あずさで行くか。。
と言うのは通常なのでしょうか???

が、新宿まで通勤ラッシュかき分けていきたくない。
バスは安いけど、行こうと決めた当時は、腰痛がひどくて、
とてもバスに座ってはいられないだろう。

で、もうひとつのルートが、長野新幹線で長野に出て、そこから松本に出るルート。
新幹線なら大宮から1時間くらいで長野駅に到着してしまいます。
が、新幹線は高い・・・・

が・・・・

またまたあの切符の登場です。
JR東日本で発売している「お先にトクだ値」
早期予約で、かなり安くなる切符です。

通常大宮~長野は6660円。
それが、お先にトクだ値35ですと、なんと4320円です。(繁忙期)
ただ今回は、行くと決めたのがちょっと遅かったので、
行きの切符は取れたのですが、帰りが・・・・
でも、グリーン車ならある。
グリーン車だと5180円。
それでも普通に買うより安い。

と言うことで、今回は新幹線で長野に出て、
長野から、ワイドビューしなので松本に行き、
そこから大糸線で穂高に行く計画を。

ところがところが・・・・・
6月の大雨の災害で、なんとワイドビューしなのは、全面運休。
さてどうするか。。
バスという選択もおりましたが、
偶然にも、新幹線で長野に到着したその15分後に出発する特急がありました。
「リゾートビューふるさと」
この特急は、なんと松本から大糸線のレールを走り、
穂高まで直行してしまいます。
こちらは全席指定だったのでも、こちらもネットで予約しました。

旅行って、している時はもちろん楽しいですが、
行く前にいろいろ計画を立てるのも楽しいのですよね(^^)

ホテルはどうしよう。
ネットで見つけた、古い大きな民家を改造した民宿が素敵。。
穂高から30分ほど歩かないといけないけど、
レンタサイクルでも大丈夫そう。

でも~~~

雨が降った場合は???
歩いていくのか・・・・
荷物もってだしいやだなあ。

と言うことで、ホテルは松本にしよう。

実はですね。
どうせ松本に出るのなら、上高地にも行こうかと思っていたのですよ。
上高地の明神池に行きたい。。

でも、時間的にどうにもならない。
今回は泣く泣くあきらめました。
松本市内をゆっくりと歩く事にし、
ホテルは、昨年山形でも泊まった「スーパーホテル」
天然温泉つきの。。(^^)

スーパーホテルは、1泊5400円なのですが、朝食無料なのです。
ビュッフェスタイルで、結構おいしい。
部屋もとてもきれいで気持ちよく過ごせます。
ネットで予約。
準備万態。

あとは当日晴れることを祈るのみ。


と言うことで、続きはまた。。。(笑)
posted by BAMIKO at 19:53| Comment(0) | 旅行記 | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

箱根へ

バンドの紅葉ツアーで秋山郷に行きましたが、
その時にすでに決まっていました。

箱根神社へ行こうっって。。。(笑)

どうやって箱根まで行くか、ぎりぎりまで決まっていませんでしたが、
バンドメンバーのちーずさんが新車を2日前に買い、
運転してくれることに。。。

どこでもいけるぞ~~
と言うことで、前日になって計画を立てました(笑)

さて昨日当日。。
朝5時に集合、即出発~!
のはずだったのですが、
だれかさんが10分過ぎても来ない・・・
携帯に電話しても出ない。
これは寝ているぞと言うことで自宅まで行きましたが、
家には明かりはついていない。
家電しても出ない。。。

これはもうおいていくしかないか???
これで最後ともう一度電話したら出ました。
もう半泣き(爆)
そりゃそうでしょう。
「時間通りに来なかったらおいていきます」と
前々から行ってあったし、
前日のメールにも書きましたから。。。(^-^;

10分で支度してもらって、結局出発は5時半すぎてました。
上尾道路経由で、与野インターから首都高に乗り、
東名で小田原へ。
そこから箱根新道で芦ノ湖大観まで行き、
まだ時間が早いので、大観山の展望台へ。
途中下に雲海が見え、その上に富士山が・・・
息をのむほど見事な景観で、
みんなで「お~~~」と声を上げていました。

展望台からの景色は、本当にすごい。。
あの雲海あたりが芦ノ湖なのかな。。

DSCN0873.jpg

この景色を見られただけで今日は満足~~!
と口々にメンバーが言う(笑)

みんなで記念写真。

DSCN0877.jpg

8時半になったので、いざ箱根神社へ。
芦ノ湖方面へ降りていくと、だんだん曇の中へ・・・???
先程の雲海は、やっぱり芦ノ湖だったんだ。
でもこれって雲と言うより霧???
そのうち晴れるね。

ひとつめの大きな鳥居を過ぎ、ふたつめも通り過ぎ、
境内の駐車場へ。
ここからは正参道組と脇参道組に分かれ、御社殿へ。
私は足が悪いので、脇参道組。
坂道を登りきると、第五鳥居が見えました。
杉の木から差し込む光が、とても幻想的。

DSCN0882.jpg


第五鳥居の前に、立派な作りの神門。

DSCN0883.jpg

そして御社殿。

DSCN0886.jpg

ここで全員そろいお参りをしました。
札所では、空のペットボトルを売っている。。。。

実はみんなペットボトル持参(笑)
隣にある九頭竜神社の手水舎?の水をくむためです。
この水は、箱根山から芦ノ湖へ流れる聖なる竜神水です。

DSCN0890.jpg

ご朱印もいただき、次は駒ケ岳山頂にある本宮へ。
箱根園から山頂までロープウェイで10分弱。
ロープウェイからの眺めも最高。。
芦ノ湖全体が見え、そして富士山も。。

山頂駅へつくと、出口の真向かいに本宮が見えます。

DSCN0907.jpg

がんばって登った(笑)
小さな本宮ですが、ここに来られるのはラッキーなのだとか。。
風が強いと、すぐにロープウェイは止まってしまうそうです。
今日は風もなく穏やか。
雲も駒ヶ岳付近には全然ない。
そりゃそうでしょう。
私たち晴れ女集団ですもの(爆)

山頂からの富士山。
すごくきれい。

DSCN0918.jpg

下に降りると11時。
朝早く出ておなかも空いたし、ランチにしようということで、
元箱根に戻ります。

前日みつけたおしゃれなレストラン。
というかパン屋さん。
1階はパン屋さん、2階はカフェ。
3階がレストランです。
目の前の芦ノ湖を眺めながら食事ができるようにカウンターになっていました。

1386126555291.jpg

私たち6人ですのでテーブル席へ。
景色は眺められないけど、そこの内装もおしゃれ~♪

1386126394483.jpg

このお店です。
♪Bakery & Table
http://www.bthjapan.com/

私が食べたのはポトフ。

1386127402302.jpg

箱根豚がとてもやわらかくておいしかった(^^)

気がつけば1時。
予定では少し散策してミカン狩りへ行くつもりでしたが、
雲も出てきたので、早めにミカン狩りすることに。。

ミカン狩りはここ。
♪きのこ苑お山のたいしょう
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kinokoen/

ミカン狩りは初めてでしたが、結構大変なんですねーーー
急斜面に木が植えられているので、そこを上り下りするのが
足の悪い私には大変。。。
手に届く範囲でしかみかん取れなかったけど、まあまあ?(笑)

DSCN0930.jpg

1386135712722.jpg

ミカン狩りを終えて3時。
お土産があまり買えてなかったので、小田原城にでも寄ってみようかと。。

DSCN0947.jpg

だったのですが、小田原城の周りにはお土産屋さんってないのですね。。。
駅までいかないとなさそう。
なので、仕方なく帰路につくことに。
途中サービスエリアで買うことにして。

結局は海老名サービスエリアで買ったのですが、
ここのサービスエリアって大きいですね~~~
2階があるサービスエリアって初めて入った。
ここでまたいろいろと買い込んで、上尾に到着したのは7時ころ。

最後の〆は、新年会の打ち合わせしようということで、
アリオのフードコートでディナー(爆)


1月~3月は依頼コンサートがあるので、
その打ち合わせと新年会の話。
たまにはまじめにバンド活動もしないとね。。
最近は、よく遊びがバンドとなっているので(笑)

結構充実した旅行となりました。
次回は、花見とイチゴ狩りだそうです(^^)

計画たてなくちゃ~~♪
posted by BAMIKO at 23:08| Comment(0) | 旅行記 | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

富士山1周の旅

次女が珍しく日曜日はバイトが休みとのこと。
学校の夏休みはお盆あたりの10日間しかなく、
どこにも行けなかったので、
だんなと3人で出かけてきました。

富士山が世界遺産に登録されましたが、
私はそれほど興味は・・・・

だったのですが、
行ってみて、間近に富士山を見て、
ああ、やっぱり富士は日本のシンボルであることを実感しました。

今日は大規模なマラソン大会があって交通規制のため、
予定通りに回ることはできませんでしたが、
楽しい旅となりました。


富士山周辺って、飛行機がたくさん飛んでいるんですね。。。
今日は快晴で雲一つないのに、飛行機雲はたくさん(笑)
次女は、そのたびにあの歌を・・・

そらに~~憧れて~~♪

あはは・・・・・・


DSCN0774.jpg

DSCN0784.jpg


♪本栖湖
DSCN0824.jpg

DSCN0825-2.jpg

♪陣馬の滝
湧水がとてもきれい~

DSCN0811.jpg


♪西湖いやしの里根場
DSCN0834.jpg

DSCN0844-2.jpg

DSCN0854-2.jpg

西湖いやしの里根場は、マラソン大会のため、
今日は臨時休業で中には入れませんでした。。。
それだけが心残り。。

他に、紅葉台や忍野八海も行きました。
朝4時に家を出て、
帰りは渋滞で帰宅は8時過ぎ。。
次はぜひ平日に行きたい(笑)
posted by BAMIKO at 23:06| Comment(3) | 旅行記 | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

軽井沢へ

最近、一人旅が楽しくて仕方ない私。

今日は軽井沢へ行ってきました。
新幹線往復です。
とくだ値という30%割引になる切符ならば、
大宮から往復6880円。

朝8:18のあさまに乗って、軽井沢駅に着いたのは9:12。
1時間かからないで着いちゃうんですよ。。
ほんと速い。

軽井沢駅前。
変わりましたねえ。。。
考えてみれば、新幹線が通ってからって
駅で降りたことなかった。

DSCN0655.jpg

予定ルートとしては、雲場池に行き、そこから旧軽井沢まで歩いて、
バスの時間が合えば旧碓氷峠まで行き、
熊野皇大神社参拝と見晴台見学。
後は新幹線の時間(16:24)魔で、散策しておいしいものを食べて。。。(^^)

駅から雲場池までは、1.6キロくらい。
歩こうと思っていたのですが、
駅前の通りを歩いていたら、レンタサイクルの店が…

どうするかなあ・・・と思っていたのですが、
今回は「歩き」が目的でもないし、
あまり無理はできなかったので借りることに。

これが正解だった。
歩いていたら、とても見晴らし台へは行けなかったでしょう。


レンタサイクル屋のおじさんに、マップを借りて、
いざ雲場池へ!
「二つ目の信号を左に曲がるんだよ」と教えてもらったので、
その通りに行きますと、結構人が歩いているんですよ。。
紅葉が見ごろの軽井沢は、やっぱり平日でも人気でした。

雲場池。。。
ため息がでるくらいきれい~

DSCN0656-2.jpg

1383008395354.jpg

DSCN0668-2.jpg

ここからは旧軽井沢を目指します。
軽井沢って、わんちゃん同伴が多いのですね。。
ほんとーーに多かった(笑)

軽井沢観光会館を目指します。
何故かというと、そこから見晴台行きのバスがあるから。
バスの時間がさっぱりわからなくて(ネットで探しても出てこなかった)
バスの時間次第でどうするか決めようと思っていました。
軽井沢観光会館っておしゃれですねー
その真ん前にバス停。

全部のバス停の時刻が表示されていて、
二手橋に10:43にバスが来る。
今、10:30。

二手橋は、ここからふたつ先のバス停。
この旧軽の通りは、自転車を止められるよう場所はなさそう。
レンタサイクルのおじさんは、
二手橋には駐輪場があると言っていたので、
がんばってそこまで自転車を漕ぐことにしました。
少し上り坂だったけど大丈夫~

ショーハウスの前を通り過ぎると、橋が見える。
ここが二手橋。
橋を渡るとバス停。
トイレと駐輪場も。。
ほんとグッドタイミングでした。

なんせ1時間に1本しかバスはない。

1383010675932.jpg

いくらネットで探しても出てこなかったバスの時刻表。
軽井沢へ行かれる方、参考にしてくださいね(^^)

二手橋から先は、自転車は通っちゃいけないみたいです。

時間通りにやってきたバスは、なんと満員で座るところなし。
二手橋から15分くらいですかねえ???
旧碓氷峠に到着。

あ、、、、こんなバスに乗りました。
赤いボンネットのバス(^^)

DSCN0699.jpg

帰りのバスの時刻を確認。

1383011542141.jpg

バスが止まったところは、ちょうど熊野皇大神社の前。
先に参拝することにしました。

この神社は、なんと長野県と群馬県がまたがる神社で、
半分ずつ????
階段の真ん中で分かれてます(笑)

DSCN0712-2.jpg

DSCN0748-2.jpg

ここの紅葉もきれい。

実は今回初めて・・・・
ご朱印帳などというものを持って来ていまして。。(笑)
最近旅をすると、必ず神社がある。。
信仰するには程遠いけど、記念と言いますか。。
そんなんでやってみようかと・・・

まずはお参りをして・・・
あ、長野県側と群馬県側で。
お賽銭箱は一緒なんですけどね(笑)

ご神木を見て・・・

DSCN0704 - コピー.jpg

長野県側のご朱印は、左側のお守りなどを売っているところ。
500円でした。

今度は群馬県側の・・・
とご朱印帳を持ってうろうろしていたら、
ちょうど宮司さんが、参拝されている方と話されていて、
私のそのご朱印帳を見た宮司さんが
「ご朱印?」と私に話しかけてくださいました。。

群馬県側のお守りなど売っているところは、
入ってすぐの右側。
ややこしいですよね(笑)

長野県側のご朱印はハンコだったのですが、
群馬県側のご朱印は、
ちゃんと宮司さんが書いてくださる。
思いやりや心遣いなどの話をしてくださいました。

初めてのご朱印だったので知らなかったのですが、
神社に行ってご朱印をお願いする時は、
「宮司さんにお願いします」と言わないとダメと教えてくださいました。
いない場合でも、職員?の方がちゃんと書いてくださるそうです。

ご朱印.jpg

↑左が長野県側、右が群馬県側の。。。

右の宮司さんが書いてくださったご朱印。
右下に鳥の絵がかいてありますよね。
鳥の絵は、宮司さんしか描けないのだそうです。

初めてのご朱印、なんだかとってもいい思い出になりました。

群馬県側の神社内も散策して、
改めて宮司さんにお礼を言って神社を後にし、見晴台へ。

ここも、県境になっています。
こんなものが。。。

DSCN0716 - コピー-2.jpg

きれいな紅葉にうっとり。。

DSCN0740-2.jpg

DSCN07412.jpg

帰りは12:35のバス。
再び二手橋で下りて、また自転車で旧軽井沢へ。
その途中の紅葉が、ほんとに見事ででした。

DSCN0764.jpg

DSCN0767-2.jpg

DSCN0769.jpg

遅いランチはこれ。

ランチ.jpg

お土産を買って、さてどうするかなあと思っていたところで
ぼつぼつと雨が・・・

少し早いけど、駅に向かうことに。。
自転車を返した頃には、結構本降りになっていました。
早めに帰ってきてよかったかも。。

帰りの新幹線は16:24。
この新幹線、どこにも停車せずでした。
なんと17:06には大宮についてしまった。。。
40分くらい????

軽井沢近い。。。(^^)

紅葉の写真、いっぱい撮ることができて満足♪
posted by BAMIKO at 00:06| Comment(2) | 旅行記 | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

長野県栄村・秋山郷へ

今日は紅葉を見るために、
長野県の秋山郷へ。

上尾は曇りで、今にも雨が降りそうな天気。
でも秋山郷は、台風が近づいているというのに天気予報ではなんと晴れっっっ
関越道で湯沢ICを目指しますが、ずっと天気が悪く、
本当に大丈夫???
関越トンネルの長いトンネル。
ここを抜けると晴れだった~~
なんてことあるかねえ。。。などと冗談を言っていたのですが、
抜けると、なんとなんと!!
青空が広がっている。
新潟側は雲一つないいい天気でした。
トンネルの上は、山が雲をふさいでいる感じ。

湯沢ICでおり、
そこから津南町を通り抜け長野県側へ。
秋山郷は栄村にあります。

ここは平家の落人伝説が残るところだそうです。
交通・通信が不便で、豪雪地帯でもあったことから、
独特の生活習慣が残されてきた。。。。との事。
秘境といってもいいでしょう。。

とっても素敵なところでした。

津南町を抜け405号線をひたすら走り。。。
途中蛇淵の滝を見学。

1382484383847.jpg

事もあろうに、デジカメの電池がなくなってしまい、
携帯でしか写真を撮ることができなかった。
で、うまく撮れなかった~~~

看板のあるところから5分と書いてありましたが、
10分くらい歩いたと思われます。。
下り坂で、階段がなかなかきつかった。。
ここはドライブイン?があり(看板のところ)、
観光バスで団体様が平日だというのに結構いらしてましたよ。

次に訪れたのは、天池。
小さな池ですが、バックの山とのコントラストがすごくきれいでした。

1382489127710.jpg

途中撮った赤く染まる山々。。。

1382488348257.jpg

1382491871391.jpg

秋山郷は中津川という川が流れていますが、
405号線から川を渡った屋敷地区。
ここから布岩と呼ばれるところがあるとの事でそこへ向かう途中。
足湯があるとのことで楽しみにしていました。

秀清館という旅館にあり、だれでも自由に入れるとのこと。
その旅館の先は行き止まりらしく、
すごく狭いところに臨時駐車場があったので、そこに車を置き、
てくてくと400mくらい歩きます。
中津川沿いを歩くのですが、
川の水は澄んでいてとてもきれいなのに、
大きな石がごろごろ。
河川工事を行っています。

先日の台風で増水でもしたのかねえ・・・
などと話しながら、めざすは足湯。

旅館はあったのですが、
屋根つきの足湯が見つからない。

旦那が旅館の人に聞いてくれたのですが、
なんとなんと・・・・・・
川の増水で流されてしまったのだとか・・・・(_□_;)!!

本当ならこんなのがあったはずです。
http://www.avis.ne.jp/~mae/syuseiashiyu.htm

で・・・・
帰ってきて調べたのですが、
どうも9月の台風18号???
で流されたみたい。。。。ですね。
屋敷地区の方が、自主避難したとあります。

そしてまたまた帰ってきてわかったのですが、
どうもこの写真の左奥に見える、白い建物の川側に足湯があったようです。
(写真真ん中の3階建ての建物は小学校です。)

1382490977848.jpg

もうひとつわかったこと。
栄村は、2011年3月11日の東日本大震災の翌日の12日。
震度6強と震度6弱(2回)の地震に見舞われ大きな被害を受けたということ。
翌日に大きな地震があったことは記憶していますが、
どのくらいの被害があったのかは知らなかった。
東日本大震災の方に気を取られていましたが、
この秋山地区では、一時300人が孤立したそうです。

こちらにその時の被害の様子が・・・

http://www.bunakou.com/hisaiti/hi3.htm

そういえば、いたるところで工事中でして、
通行止めがどうとか、そういう看板もたくさんありました。
その理由が大地震だったのですね。

そんなこととはつゆ知らず、
のんびりと紅葉を見て感激して写真撮りまくって。。。

昨年、高校PTAの研修旅行で福島を訪れた時、
現地の方が話されていたこと。
みなさんがどんどん訪れて、お金を落として行ってくれるのが
復興のためになる。

同じことがこちらでも言えるのだろうか。。
だとしたら、私のこのブログを見て、
栄村を訪れていただけたとしたら、
ほんのちょっぴりでも復興へのお手伝いができるのかな。

本当に素晴らしいところです。
昨年の昇仙峡もすばらしくて感激しましたが、
こちらは秘境の紅葉。
秋山郷の景観は、言ってもつくせぬほど素晴らしく、
何度車を降りて写真を撮ったことか。


こちらは布岩です。

1382493208494.jpg

空。。。

1382490961159.jpg

布岩を見たところで、さてどうしよう。
お昼近くでしたので何か食べたかったのですが、
ちょっと戻らないといけない。。
二股に道が分かれており、
戻らずに先に進むことにしました。

予定では、雑魚川林道を走り奥志賀、そして軽井沢へ抜けるコース。
予定していた道とは違いましたが、途中で合流するみたい。
予定していなかった道でしたが、
ここの道が息をのむほど紅葉がきれいで、感激の連続でした。

雑魚川林道の紅葉。

1382495789074.jpg

1382495749362.jpg

1382494708335.jpg

今年はきれいな紅葉は見られないかと思っていましたが、
大満足な紅葉ツアーでした。
また訪れてみたいな。
posted by BAMIKO at 22:38| Comment(0) | 旅行記 | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

秩父を歩く②

連続投稿になりますが、忘れないうちに。。。

お蕎麦屋さんを過ぎて少し歩き左へ曲がる…
小さな川沿いにきれいな花♪
右手の家から出てきたご婦人が、
私に「こんにちは」と挨拶してくださいまして、
私も「こんにちは」と(^^)

私の前を同じ方向に歩いていらしたのですが、
私の方を振り向き、

「ハイキング?一人でいらしたの?」
「はい、そうです。武州中川駅から歩いてきました~」
「あらまあ、そうなの。どちらから?」
「上尾です~」

こういうふれあいがあるから、旅はいいんだな(^^)

「どこまで行くの?」と聞かれて
「武州日野駅まで行きます」と答えましたら、
「トンネルがあるから、そこを抜ければ下に駅が見えてくるわよ」と…

途中、峠に休憩するところがあったので、
そこで休むことにして、そのご婦人と別れました。
ご親切にありがとうございました。
ちゃんとその通りにしていればよかったんですけど・・・・(-_-;)

如意輪観音堂を突き当りに、右に行く道と左に行く道。
左に曲がると水車小屋があるようですが、時間もないので右へ。
そのまままっすぐ行くと、先程のご婦人がいっておられたトンネルが…

坂道になっていて、下の方に出口が見えます。。。
なんだかごつごつしたトンネルで、これを一人で行くのは怖いなあ…
と迷っていたら、トンネルのすぐそば左に階段が。。。

「弟富士遊歩道」の入り口でした。
どうせだからこっちから行ってみよう~~

と思ったのが間違いだった・・・
素直にトンネル抜けていればよかったのに・・・・

その階段を10メートルほど登ったところですぐに後悔。
草ぼうぼうで道が見えないくらい…
でも結構急な階段で手すりもないところがあったもんで、
もうこれは引き返すことができない。

私の膝ではものすごい不安。
なのでそのまま進むことにしたのでした。
が・・・・
上るということは、どこかでその分下りなければいけないということ・・・
それに気が付いたのは、尾根歩きになったところ(^-^;

こんなはずではなかったと思いながら、左も右もよろけたら落ちちゃう状態の道を、
こわごわと進んでいきます。
何度えーっ、えーーっと叫んだことか~~~

まだ続くの?
まだ続くの~~~????

私、生きて帰れるんだろうか。。
もし怪我しちゃったとかで動けなくなったら、
だんなに電話して・・・
でも、ここまでどうやってくるかわかるだろうか。

ちゃんとここに来ることは話したよなあ。
でも、覚えているかしら。。
来るにしても、ここにくるまで4時間はかかるんだよなあ・・・

なんて事考えながら、もう進むしかないーー

今となっては笑い話ですが、
なんか必死で歩いていました。

標識に「弟富士山頂」とある場所に出た。。。
またかなり急な上に続く階段・・・
もういやーーーーっ

ということでそのまま前に進むことに。。
しか~~しっっっ

上っていればよかった。。
頂上に行けば、その先浅間神社へ抜けるルートがあった模様。
そんなこと知らずに進んでいったら、
下りがとんでもないことに・・・

手すりはあったりなかったり。
そしてなんとこともあろうに、木が倒れていて道をふさいでいる~~
細い道で、しかも右側は急坂になっていて、そこをどうあても超えないといけない。

木と地面の間の隙間は50センチくらい???
やっと膝が曲がるようになっていたからよかったものの、
そうじゃなかったら、ほんとに泣いていました。
どうにかくぐったけど、さらにまた向こうにもう1本・・・

もう勘弁してよ~~
だーれもいない。
きっとこの山に登っているのは私一人だけ。
助けを呼んでも気づいてもらえない・・・・

なんか最後はやけくそになってました(笑)
やっとやって民家が見えてきた時は、地獄から生還した気分(爆)
どうにかこうにか武州日野駅に到着。
ちょうど12時でした。
3時間歩きましたね。

ここからは、御花畑駅まで電車に乗って、
今宮神社と秩父神社に行く予定。

ところが~~

なんと電車は4分前に出ていた。
12時台の電車はなしド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!

次の電車まで1時間20分もある。
さてどうするか・・・

とりあえず、残りのおにぎりを食べながら考える。
武州中川駅からここまで歩けたってことは、またそこまで歩けるってことよね。
目の前の道路をまっすぐ行けば着くはず。

スマホで時間を確認すると、25分くらいで着けるみたい。
決めた、歩こう~~~

ちょっと暑かったけど、歩くのは全然辛くない。
もう本当に歩きに関しては問題ないんだなあ(^^)

12時45分頃、駅方向へ行く道を右に曲がったら、
物産館があって、そのお隣にお蕎麦屋さん。
電車は13時29分。
時間もあることだし、せっかくのお蕎麦食べていこう。

1381204746778.jpg

ざるそば、こういうところはもっと高いのかと思っていたら、
これで650円でした。
程よい固さの蕎麦でおいしかったです。


さて、また秩父電車に乗り影森で下車。
影森までの電車だったので。。。
15分ほど待って、羽生行の電車に乗り次の御花畑駅で下車。
ここから歩いて10分ほどで今宮神社につけるらしい。

今宮神社についてすぐ、池が…

DSCN0442.jpg

龍神池です。
武甲山伏流水が沸き出ている
秩父最古の泉だそうです。

池にある木の中に観音様。

DSCN0443-2.jpg

なんか、、入った瞬間にぞわぞわぞわ~~って感覚がありまして…(^-^;
なんかパワーがあるんだなあ、ここって感じ。

手水舎にも龍神様。

DSCN0437-2.jpg

ちゃんとお参りをして、立派な龍神木をしばし眺め、
そこを後にしました。

次は秩父駅近くの秩父神社。
歩いて15分くらいだったでしょうか。。

秩父神社は大きいですね。

DSCN0448.jpg

秩父駅についたのは、15時ちょっと前。
本当は15時31分発の電車で帰ろうと思っていたのですが、
1歩早い電車に乗れることがわかり、
お土産はもういいやと15時3分発の電車に乗って帰ってきました。

そんなに疲れていない。
ハイキングではなく、予定外のトレッキングになってしまったけど、
ここまで歩けたことがうれしくて、疲れもふっとびました。

来年は尾瀬歩けるかな(^^)
それにしても自分でも思う。
私、よくやるなあ(笑)
posted by BAMIKO at 22:48| Comment(2) | 旅行記 | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

秩父を歩く①

装具なしで日常生活を送るようになり、
左足の筋力もそれなりについてはきたけれど、
まだまだ。。。。

もう少し鍛えないといけないなあ・・・
ということで、長距離ウォーキングを計画。
初めは、旦那に尾瀬に連れて行って~~
と言っていたのだけど、
旦那は先週、戸隠へ登山に行きお疲れ。。。?

一人で行ってやる~~と近場の秩父へ。
県内とはいえ、2時間弱かかるんですけど。

朝、上尾発6時37分の高崎線で熊谷へ。
そこから秩父鉄道で1時間16分。
武州中川駅で下車。

秩父にはいくつかのハイキングコースがありますが、
私が選んだのは、「寺沢川・弟富士コース」

こちら。。。
http://navi.city.chichibu.lg.jp/walk/images/walk_map.pdf

平面距離で6.3㎞、1時間40分のコースです。
初めは他のコースにするつもりだったのですが、
だんなが歩けるのか?????
と言いまして、
改めて地図を見ると、どうもこれは山歩きだよなあ・・・・(^-^;

このコースは初心者向けだし、
なんといってもそば畑が見られる!
だんなもいないし、万が一ってこともあるし(笑)
このコースにしたのでした。

8時半に武州中川駅に到着。
途中、秩父駅、御花畑駅で次々と乗客が下車、
残っているのはたぶん10人もいない(笑)
武州中川駅で下車したのはたったの二人でした。

ここでコンビニで買ったおにぎりを食べて、9時ころ出発。
まずは昌福寺をめざします。

途中右手に白いそばの花。。。
きれい~~~~~~
私はこれが見たかったのだ。

DSCN0405-2.jpg

のんびりと20分くらい歩くと、山のふもとにお寺が。。
昌福寺です。
お墓の中を歩いていくと、下に下る坂道が。。
ここからいよいよ山の林道。
だれもいない、薄暗い林道をとことこと歩く私。
ちょっと怖くなって、大きな声で「潮騒のメモリー」などを唄う(笑)

また20分くらい歩き、やっと民家の立つ明るいところへ。。
こんな景色がありました。

DSCN0414-2.jpg

右側にトイレが・・・
こんなところに?と思ったら、どうも元はキャンプ場だったのかな???
道路の左側に、洗い場がありました。

川のせせらぎが聞こえてきて、また歩いて10分ほど。
橋が現れました。
水が澄んでいてきれい~~
橋を渡ると、道が二股に分かれる。
さてどっちだろう。。

と思ったら、「明ヶ指のたまご水100m(折り返し)」と書かれた標識が。。
右に曲がるようです。
が・・・右に曲がると、また薄暗い林道が現れ、
そこにまた立札。

ここは私有地なので、一般の方は立ち入らないようにと書いてある。
ただし、たまご水見学の方はバンガローの客に迷惑にならないように・・・と???
周りには確かにバンガローが点在しています。
ってことは、たまご水ってここのどこかにあるの???

ってことで、近辺を探し回るものの見当たらない。
スマホで、ここに来たことがある方のブログを見てみるも、
どういくのかさっぱりわからない。

先ほどの川のどこかにあるらしい。
もしかして川沿いに歩かないといけないのか??
え~~、絶対無理。。。

と、そこで30分くらいうだうだ。
あきらめて戻ろうとした時、
先ほどの立ち入りご遠慮願いますの看板。
あそこの先に行ってみよう。

何もなさそうとは思ったのですが、川はその林道と並行しているようでしたので。

先程の標識にも、右に曲がって100mと書いてあったので、とにかく100mは歩いてみよう(笑)

体験者のブログには、道の行きついたところにあると書かれている。
確かに道がなくなっている。。
でも、川はすぐそば。
下をのぞいたら、降りられるようになっていて、
そこに「明ヶ指の卵水」と書かれた道標が~~
やっとみつかった(\(^_^)/

DSCN0416.jpg

が、ここの一体どこに???(^-^;
右奥に、大きな看板があったので行ってみると、
たぶん由来?でも書かれていたのかな(ちゃんと読んでいない)
戻ってくるときに、それは見えたのでした。
たまご水~~

DSCN0426.jpg

白い糸のようなものがアメーバみたいにふわふわて浮いています。
匂いまでかがなかったけど、これ硫黄のたまごのようににおいがするのだそうです。

無事にみつかったし、元来た道を戻ります。
時計を見ると、すでに10時半。。
ちょっと時間食っちゃった。

先程とおってきた元キャンプ場のあたりに、細い左に曲がる道が。。。
地図ではそこを曲がるようになっているので曲がってみると、
草ぼうぼうだし?
すごく細くて本当にこの道でいいの?????

とりあえず進むと、少し広い道路に出てほっと。。
坂を下りていくと民家が・・・
なんだかその民家の敷地に入ってしまうようなのですが・・・

しかし体験者ブログにもその事は書かれていて、
その奥に木橋があるらしい。
ということで進むと、あ、、、
また下に降りる道がある(^^)

その下りるのがちょっと怖かった。
結構段差あるし、すべりそうだし。
半月板にひっかかりがあるので、
どうしても右足を軸に左足から降りていかないといけない。
手をつきながらゆっくりゆっくり降りていくと。。。

DSCN0428-2.jpg

木橋~~
噂通りまっすぐな1本橋ではなく、曲がっている橋(^^)

いい眺め~~

この川は、先程のたまご水の川と同じ安谷川です。
水がすごくきれいです。

橋を渡り、また上に登っていくと。。
途中、「十二天水飲めます」という立札。
右を見ると降りられるようになっていて、なんと湧水。。♪
ちゃんとコップが用意されています。
飲みましたよ~~

1381197125544.jpg

「わさびが植えてあります。抜かないでください」とありました。
わさびを植えられるほど、水がきれいだってことですよね。
冷たくておいしい水でした。

また上に上っていきますと、一般道に出ました。。
そこに1件のお蕎麦屋さん。
こんなところにと思いましたが、
ここの蕎麦おいしいそうです。
きっと、休日になるとたくさんのお客さんが押し掛けるのでしょうね。

とりあえず今回はここまで。。
その先がまた大変なのでした(笑)
posted by BAMIKO at 23:36| Comment(0) | 旅行記 | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

会津一人旅・1日目①・石部桜

大分日が経ってしまいましたが。。。(^-^;
写真も整理しましたので、思い出しながら書いてみたいと思います。。

今年のNHKの大河ドラマ「八重の桜」
はまっています。。
その八重ちゃんの育った会津を訪れてみたい。
本当は、母と蔵王への旅行を計画していたのですが、
私の手術があったため、どうせなら紅葉が見ごろな頃に行こうかということになり、
ならば一人で旅行しちゃおうかなと。。。

そうと決まったら計画を立てるのは早い私です。
どうまわろうかというのは最後の最後まで迷いましたが、
ホテルと、行き帰りの高速バスを予約。
あと、会津を回るのに大変お得な「会津ぐるっとカード」の引換券を手にいれました。

1372917396324.jpg

これ1枚で、エリア内乗り放題(^^)
大内宿にも行きたかったので、
その会津鉄道の往復だけで元が取れてしまいます。

3日目には猪苗代方面にも行こうと思っていたので、
元どころか、ものすごくお得でした。


高速バスは、8日の深夜23時35分発。
王子駅から「会津夢街道」というJRのバスが出ています。
事前に予約し、女性専用席にしていました。
が・・・
乗り込んでみたら、なんとまあ少ない乗客。
私の席にはお隣に女性の方が…
とりあえず座りましたが、
係りの方が、どうぞあいている席にお座りください」とのことでしたので、
前の方の席に移動。
2席分使えました(^^)
平日だからですね~

途中サービスエリアに2回ほど立ち寄りました。
トイレ付のバスの場合は、
サービスエリアについても降りられないとの情報だったのですが、
ちゃんと降りられて、息抜きできましたよ(笑)

さてさて。。。
日程をどうするか。
裏磐梯のトレッキングは天気次第と思っていたので、
天気予報とにらめっこし、もし1日目天気がよければ、
猪苗代駅で降りて行ってしまおうと思っていました。

天気予報では、1日目が天気が一番いい。
だったら1日目だっ

とそのつもりだったのですが、
猪苗代に近づくと、辺り一面ガスが・・・
裏磐梯はもっと標高が高いし、
上はもっとガスがかかっていて、何も見えない状況かもしれない。
ということで、直前でやめました(笑)

そのまま会津若松まで。。。
到着は5時前(笑)
予定では5時20分だったのですけど。

ホテルは駅前の「フジグランドホテル」
http://www.fujigrandhotel.co.jp/

早朝でも荷物を預かってくれることは確認済み。
ホテルに行き、荷物を預かってもらって、
リュックを背負い、まずは朝食だ~

駅前の通りをまっすぐ歩くこと1キロ。
マックがあるのは確認済み。
ここで朝マック♪

ここから飯盛山に行くつもりでした。
マフィンを食べながら、ホテルで仕入れた地図を眺めていましたら、
飯盛山の上の方に、「石部桜」とあるではありませんか~~

石部桜は、「八重の桜」のオープニングの一番初めに出てくる
あの桜です。
ぜひとも見たかったのですが、
結構辺鄙なところにあるような印象だったのであきらめていました。

が・・・
飯盛山から近いのかも?

こんな時に便利なのがスマホです。
今回は、ほんとにスマホ様様でした(笑)
地図で検索したら、このマックから1.7キロくらい。
飯盛山のスロープコンベアは8時にならないと動かない。
先に石部桜を見に行っちゃおうかしら。。

ということで、桜を見に行くことに。
この辺は一人旅の気楽さです。

スマホ片手に、のんびりと朝の若松市内を歩きました。
途中曲がるところになると、ちゃんとスマホくん教えてくれるんですよ(笑)

途中右を曲がって砂利道に。(案内の看板が立っています。)、
田園風景がひろがりました。

ああ、いいなあ。。。
旅はこうでなくちゃ~

と、ふと右の畑の向こうを見ますと、
そこだけ大きな木が1本。。。
うん???

石部桜3.jpg

あ、なんか看板らしきものが・・・
ああー、あれだ、あれだ。。

本当に大きな桜の木でした。
樹齢600年とのことで、枝も太く、
それを支えるために補助の木が。。

石部桜2.jpg

石部桜4.jpg

桜の花が咲いていたら、本当に見事でしょうね。。。
八重も、容保のお殿様も、
春になるとこの桜を見ていたんだなあと思うと、
時代は変わっても、同じ桜を眺めている不思議さ?
枝の下をくぐって、また桜を見上げて、
ひとり感慨にふけっておりました。

少し雨が降ってきたので、その場を離れて飯盛山へ向かうことにしました。
飯盛山へは、歩いて15分くらいだったでしょうか。
続きはまた~
posted by BAMIKO at 22:37| Comment(2) | 旅行記 | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
スポンサーリンク